WAKAYAMA CYCLE PROJECT

和歌山サイクルプロジェクト

和歌山サイクルプロジェクト 代表者インタビュー(1/3)

和歌山サイクルプロジェクトを立ち上げた経緯や我々の思いについてより多くの方に知っていただきたいと考え、団体代表の西林に対してメンバーがインタビューをし記事にまとめました。

インタビュー記事は全3篇でアップしていく予定です。

まずは第1回のインタビューを御覧ください。

 

■和歌山サイクルプロジェクト(以下、wcp)立ち上げのきっかけは? 

(西林):まず、WCPを立ち上げる前の2015年11月22日に自転車愛好家の和歌山市役所職員有志による「サイクリングロード魅力アップ政策研究グループ」が発足しました。

”自転車を通じて街を盛り上げる”という活動を和歌山市に対して提案するために政策研究グループ主催でサイクリングイベントを実施しました。

「海のまち和歌山を楽しむサイクリング」では、和歌山市民と尾花正啓市長らが一緒に和歌山市内を自転車で走行しました。

政策研究グループは1年間の期間限定での活動であったため平成27年度をもって活動を終了しました。

その後、政策研究グループの一部メンバーによって平成28年にWCPを立ち上げました。

 

■どういった思いがあってWCPを立ち上げましたか?

(西林):政策研究グループでの活動を進めていく中で、行政主導のまちづくりや自転車の魅力を広めることに限界を感じることがありました。

できることをできる人で行えばもっとスムーズに活動を進められると思い、行政、民間の枠を超えた団体が必要と考えました。

政策研究グループ解散後は、“自転車で和歌山を楽しく元気なまちに”という目標の実現に向けてWCPを立ち上げるために動き出しました。

 

■そのときのまわりの環境はどんな感じでしたか?

(西林):その当時(2015年)はまだ和歌山には自転車走行用のブルーラインもなく、市民の方にもサイクリングに対して理解をしていただけていない状況でした。

そういった状況の中で政策研究グループでは自分たちでできることを模索しながら活動を続けていました。

嬉しいことに活動を進めてく中で、私達の活動が地元ニュースや新聞に取り上げて頂ける機会がありました。

ところが1度ニュースや新聞に掲載されると、あちこちでいい噂、悪い噂がたつことがありました。

 

■いい話、悪い話とはどんなものがありました?

(西林):自転車を通じた私たちの活動には、街を盛り上げる効果やメリットはないといった批判的な意見がありました。

また、それとはうってかわって私達の活動に対していい反響が出てきたときには、活動に全く関与していないにもかかわらず手柄を自分のものにするような事を言う人もいました。

地元の愛する街を盛り上げたいという思いを持って活動していますが、私達の活動をよく思っていない方がいるということもわかりました。

私達の思いがなかなか理解されず悲しい思い、悔しい思いをすることがありました。

いい話としては、他の地方自治体の方々からも問い合わせを頂いたり多くの方から応援していただけることがあったことです。

このことは本当に嬉しく励みになりました。

 

■その時は周囲や近いひとからどんなことを言われましたか?

(西林):政策研究グループ活動時、和歌山市内でサイクルイベントの開催を企画した時は5人ほどしか仲間はいませんでした。

もちろん身内だけです。

周りの人から協力を得ようと活動内容を説明しても理解されず、誰にも相手にされない状況でした。

そんな中でも気持ちを保ち、仕事終わった後に毎日睡眠時間を削りながらも企画書を作っていました。

でも、WCP立ち上げ時は全く違いましたよ。

必要としていただいてる方、応援してくれる人、信用できる仲間が居ました。

周りの人達に協力していただき、サイクルステーションの設立やサイクルラックを作るイベントを実施することができました。

 

■WCP立ち上げ時に状況が良くなっていたのはなぜですか?

(西林):民間事業者や市民の方たちが活動に参加してくれたからです。

行政が行うソフト事業でなく、提案から実行までを市民が行う活動のほうが魅力があるということを理解してくれる仲間が増えたからです。

地道な活動を通して我々の思いや活動に共感してくれる市民の方が徐々に増えていったことが非常にありがたく、今も大きな助けになっています。

 

 

第2回インタビューはこちら↓

http://wakayamacycleproject.hatenablog.com/entry/2017/05/20/225912

 

第3回インタビューはこちら↓

http://wakayamacycleproject.hatenablog.com/entry/2017/05/25/071546

 

■和歌山サイクルプロジェクトフェイスブック公式ページ

https://www.facebook.com/wakayamacycle/


■和歌山サイクルプロジェクト公式ブログ

http://wakayamacycleproject.hatenablog.com

 

■和歌山サイクルプロジェクト公式ツイッターアカウント

https://mobile.twitter.com/wakayamacyclpjt

 

■和歌山サイクルプロジェクト公式メールアドレス

wakayama.cycle.project@gmail.com

 

 

 


 

 

サイクルラックオーナー募集中

和歌山サイクルプロジェクトでは現在サイクルラック(自転車用スタンド)の設置店舗を募集しております。

スポーツ用自転車での来客が多く駐輪スペースにお困りの店舗オーナー様、サイクルラックを置かれてみてはいかがですか?

 興味をお持ちいただいた方はお気軽にコメント、メッセージをください。

f:id:heb1er:20170517214537j:plain

f:id:heb1er:20170517214555j:plain

サイクルラック設置店舗募集中

条件 和歌山市内の店舗
②店舗の敷地内で使用すること
(公道への設置はNG)
費用

半年間は無料で貸し出し。

以降継続設置する場合は3,500円で買い取り頂きます。

設置を継続されない場合はサイクルラックを返却いただきます。

募集台数 14基(1基で自転車4台がとめられます)

 

■和歌山サイクルプロジェクトフェイスブック公式ページ

https://www.facebook.com/wakayamacycle/


■和歌山サイクルプロジェクト公式ブログ

http://wakayamacycleproject.hatenablog.com

 

■和歌山サイクルプロジェクト公式ツイッターアカウント

https://mobile.twitter.com/wakayamacyclpjt

 

■和歌山サイクルプロジェクト公式メールアドレス

wakayama.cycle.project@gmail.com


 

和歌山経済新聞様に掲載されました!

ゴールデンウィーク中に和歌山県太海水浴場ビーチハウスのサイクルステーションで実施しているコーヒー無料提供イベントが、和歌山経済新聞様に掲載されました!

https://wakayama.keizai.biz/phone/photoflash.php?id=1968

 

ゴールデンウィークも残りあと2日です。自転車で加太に立ち寄られた際は是非お声掛けください!

f:id:heb1er:20170506095906j:plainf:id:heb1er:20170506095916j:plainf:id:heb1er:20170506095923j:plain

 


 

■和歌山サイクルプロジェクトフェイスブック公式ページ

https://www.facebook.com/wakayamacycle/


■和歌山サイクルプロジェクト公式ブログ

http://wakayamacycleproject.hatenablog.com

 

■和歌山サイクルプロジェクト公式ツイッターアカウント

https://mobile.twitter.com/wakayamacyclpjt

 

■和歌山サイクルプロジェクト公式メールアドレス

wakayama.cycle.project@gmail.com

 

 

是非とも食べたい加太(和歌山)のグルメ3選

さて、ゴールデンウィークも後半に入りました。

今回は和歌山県加太のおすすめグルメを紹介します。

加太は古くから淡路島や四国方面と紀伊半島を繋ぐ主要な港として栄えてきた町です。現在の加太は海水浴場や釣り場なども多くあり多くの行楽客で賑わっております。そんな加太でおすすめのグルメから人気の3店を紹介します。

 

巨大なしらす丼を堪能!「満幸商店」

「加太淡島(あわしま)神社」の参道脇にお店を構える満幸商店。こちらでは言わずと知れた一番の人気メニュー、しらす丼がおすすめです!

「しらすってこんなに美味しかったの?!」と驚くこと間違い無し。

チャレンジしていただきたいのがしらす丼ノーマルの3倍の量を誇るという「しらす丼ダブル」、そしてさらに上を行く「しらす丼トリプル」。ノーマルの3×3=9倍の大きさになっているということなので、想像するだけでおなかがいっぱいになりそうです。お店では、名物のしらす丼はもちろんのこと、地元特産の真鯛を使った料理なども堪能できます。

 f:id:heb1er:20170505163933j:image

 

満幸商店

住所:和歌山県和歌山市加太118 淡嶋神社境内

電話:073-459-0328

営業時間:9:00~17:00
定休日:無休(悪天候時は休業)

https://tabelog.com/wakayama/A3001/A300101/30003956/

 

②「キシモト」の昔懐かし揚げパン

昔ながらの風情がある佇まいのお店で、長年多くの人に愛され続けている揚げパンが絶品です。

店前にお店の看板はなく、揚げパンがある時には「名代のあげパン」と書いた立て看板が掲げてあるのみです。

1つ¥80の揚げパンは中に上品な甘さのアンコがぎっしりと詰まっています。生地にはたっぷりの卵とバターが練り込んであり、ふんわりとした風味が口の中に広がります。

売り切れてしまうこともあり、事前に電話確認されたほうがいいようです。駐車場はありませんので自転車やバイク、徒歩が行かれることをおすすめします。

 f:id:heb1er:20170505150233j:plain

f:id:heb1er:20170505150251j:plain

住所:和歌山県和歌山市加太1341

電話:073-459-0045

営業時間:朝から売り切れるまで

定休日:不定休

https://tabelog.com/wakayama/A3001/A300101/30008071/

 

③絶景のテラス席で贅沢なひととき「アルゴ」

加太の高台にお店を構える、カレー・ピザ・パスタが食べられるお店です。

料理はもちろん美味しいんですが、加太の景色を一望できるテラス席での食事がおすすめです!

特に、天気の良い日に海を観ながらテラス席で食べるランチは絶品ですよー。

個人的におすすめメニューはカレーで、マイルドだけど後味はしっかりとピリピリっとした辛さが効いてます。

『アルゴ』のもう一つの名物、山羊のメリーちゃんもお出迎えしてくれます。

アルゴ

和歌山市加太2201-458

073-459-281(予約不可)

12:00~19:00 (L.O.18:30)日曜営業

定休日:金曜日

https://tabelog.com/wakayama/A3001/A300101/30000288/

 


 

■和歌山サイクルプロジェクトフェイスブック公式ページ

https://www.facebook.com/wakayamacycle/


■和歌山サイクルプロジェクト公式ブログ

http://wakayamacycleproject.hatenablog.com

 

■和歌山サイクルプロジェクト公式ツイッターアカウント

https://mobile.twitter.com/wakayamacyclpjt

 

■和歌山サイクルプロジェクト公式メールアドレス

wakayama.cycle.project@gmail.com

まいぷれ わかやま様に取り上げていただきました!

和歌山県太海水浴場ビーチハウスでのコーヒー無料サービスの件を、まいぷれ わかやま様に掲載いただきました。

http://wakayama.mypl.net/shop/00000333701/news?d=1143703

ゴールデンウィーク中に加太にお越しいただく予定の方は是非ぜひお立ち寄りください。

f:id:heb1er:20170504131750j:image

 


 

■和歌山サイクルプロジェクトフェイスブック公式ページ

https://www.facebook.com/wakayamacycle/


■和歌山サイクルプロジェクト公式ブログ

http://wakayamacycleproject.hatenablog.com

 

■和歌山サイクルプロジェクト公式ツイッターアカウント

https://mobile.twitter.com/wakayamacyclpjt

 

■和歌山サイクルプロジェクト公式メールアドレス

wakayama.cycle.project@gmail.com

 

 

GWイベント開催のお知らせ

f:id:heb1er:20170502193658j:plain

和歌山県加太エリアの魅力をより多くのサイクリストに知ってもらいたい!
と思い今回GW限定のイベントを考えました。

GW期間中に加太エリア周辺を訪れるサイクリストの皆様に加太エリアを訪れたサイクリストの皆様にゆっくり休んでもらい、アイスコーヒーを無料で提供します。

波音を聞きながら足を休めていただき、加太を楽しんでいただければと思います。
f:id:heb1er:20170504131707j:image
開催期間
2017年5月3日(水)~2017年5月7日(日)
提供時間
10:00~16:00
提供場所
和歌山県太海水浴場ビーチハウス
問い合わせ先
和歌山サイクルプロジェクト 
wakayama.cycle.project@gmail.com
企画
和歌山サイクルプロジェクト
協力
加太まちづくり株式会社
三歩先行く自転車会


 

■和歌山サイクルプロジェクトフェイスブック公式ページ

https://www.facebook.com/wakayamacycle/


■和歌山サイクルプロジェクト公式ブログ

http://wakayamacycleproject.hatenablog.com

 

■和歌山サイクルプロジェクト公式ツイッターアカウント

https://mobile.twitter.com/wakayamacyclpjt

 

■和歌山サイクルプロジェクト公式メールアドレス

wakayama.cycle.project@gmail.com

パンクしない自転車タイヤが登場!

先日、ブリジストンからパンクしない自転車タイヤ「エアフリーコンセプト」が発表されました。

 f:id:heb1er:20170423163254j:image

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1055458.html

 

仕組みとしては、タイヤに空気を入れずタイヤの側面に張り巡らされたスポークに強度と柔軟性を持たせているとのこと。

タイヤへ空気を充填する必要がなり、なおかつパンクの心配もなくなるのでサイクリストとしてはとても嬉しいニュースですね。

なお実用化は2019年を予定とのこと。

 

こういったニュースが出るたび、自転車もまだまだ進歩していくようでワクワクしますよね。

近い将来、こういった自転車が一般化し自転車のデザインもガラリと変わっているかも。

「その昔、自転車のタイヤは”パンク”というものがあってのぅ…。」

なんて昔話を語る時代が来るかもしれません。

 

さてさて、果たして乗り心地はいかがなものでしょうか。

自転車好きとしては一足でも早く試乗して乗り心地を確かめてみたいものです。

なお、2017年4月30日(日)に福岡県久留米市で、

2017年6月4日(日)に横浜市試乗会開催されるそうですのでご興味がある方は参加されてみてはいかがでしょうか。


 

■和歌山サイクルプロジェクトフェイスブック公式ページ

https://www.facebook.com/wakayamacycle/


■和歌山サイクルプロジェクト公式ブログ

http://wakayamacycleproject.hatenablog.com

 

■和歌山サイクルプロジェクト公式ツイッターアカウント

https://mobile.twitter.com/wakayamacyclpjt

 

■和歌山サイクルプロジェクト公式メールアドレス

wakayama.cycle.project@gmail.com