WAKAYAMA CYCLE PROJECT

和歌山サイクルプロジェクト

0-150 GAMEついに公開!!

九州は熊本から始まった150mの自転車タイムトライアルレースを和歌山でも開催します。

 

※2017年6月に熊本で開催されたレースについてはこちらのブログをご参照ください。

https://ameblo.jp/team-hinokuni2009/entry-12283395615.html

 

九州のサイクリストや競輪選手たちが考えたタイムトライアルレースを企画者の承諾を得て、

和歌山サイクルプロジェクトver.として和歌山県で今年12月に開催します。

それに先立って、和歌山サイクルプロジェクトメンバーがデモ走行を実施しました。

 

www.youtube.com

 

今回デモ走行に参加して頂いた選手からの感想は以下のとおりです。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ロードレースやトラックレースなど自転車競技の花形『ゴールスプリント』

レースの勝敗を賭け、観る者を圧倒する選手の気迫。

稲妻走るが如く駆け抜けていくスピード。
選手の踊り沸き立つ血肉。

それを

たった

たった

150メートルに収めてみたらどうなる!?

よーいどんから150m先ではゴールしてるシンプルなレース、、、

これがやってみると面白いっ!!!

大会やイベントでは先ず予選タイムトライアルを行い、

勝ち上がった者同士で1対1のマッチアップトーナメント形式で優勝者を決めます。
駆け引き一切無し!

力と力の勝負!

信じるのは己の筋肉のみ。

走り出したら本能の赴くがまま、スプリンターの魂を昇華するだけ。

短距離種目が多数あるトラック競技においてもありそうで無い。

どこをどう切り取ってもトラック競技をベースにした競技志向な形式なんだけど、

どこかカジュアルでストリートゲームに近いようなそんな新感覚の自転車の遊び方。

『0-150GAME(ゼロワンフィフティゲーム)』

(注意)
自転車乗りのモラルに則り、交通ルールを遵守し、他の交通や歩行者の妨げになる危険行為は控えてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2017年12月に紀の川周辺で行う予定ですので、是非とも参加されてください!

詳細はおって報告いたします。

我々WCPが和歌山に新しい遊びを提案します。

 

■和歌山サイクルプロジェクトフェイスブック公式ページ
https://www.facebook.com/wakayamacycle/
■和歌山サイクルプロジェクト公式ブログ
http://wakayamacycleproject.hatenablog.com/
■和歌山サイクルプロジェクト公式ツイッターアカウント
https://mobile.twitter.com/wakayamacyclpjt
■和歌山サイクルプロジェクト公式メールアドレス
wakayama.cycle.project@gmail.com

公共空間にサイクルラック!

 

この週末、和歌山市駅前でグリーングリーンプロジェクトが開催されています。

 

shiekiggp.wixsite.com

◆概要・コンセプト
「市駅 "グリーングリーン" プロジェクト 2017」は、和歌山市駅前に潤いと賑わいを生むまちづくりの一環として、メインストリートである市駅前通りを歩行者空間として活用し、市駅前通りの可能性を検証する試みです。

・「市駅周辺の魅力を皆で拾い集める」…GLEAN
・「芝生で緑の潤いを生み出す」…GREEN

をキーワードに、緑あふれる、人と環境にやさしい(歩行者と公共交通が主体の)将来のまちづくりに向けた「社会実験」として実施します。

2017年度は「公共空間を楽しもう!」をキーワードに、公園や広場など、身近な公共空間のさまざまな楽しみ方を、来場者に発信します。

 

歩行者だけでなくサイクリストにも優しいプロジェクト。
今回は紀州材サイクルラックが設置されています。

f:id:heb1er:20170909115853j:image 

2017年9月8日(金)16時~9月10日(日)16時までの開催です。

お時間あれば是非自転車を使って遊びに行かれてみてください。

 f:id:heb1er:20170909183129j:image

■和歌山サイクルプロジェクトフェイスブック公式ページ
https://www.facebook.com/wakayamacycle/


■和歌山サイクルプロジェクト公式ブログ
http://wakayamacycleproject.hatenablog.com


■和歌山サイクルプロジェクト公式ツイッターアカウント
https://mobile.twitter.com/wakayamacyclpjt


■和歌山サイクルプロジェクト公式メールアドレス
wakayama.cycle.project@gmail.com 

 

 

 

連載コラムスタート!

まいぷれ和歌山のWEBサイトにて、我々和歌山サイクルプロジェクトメンバーによる連載コラムがスタートしました。

第1回目はWCP代表のニシバが記事を担当しました。

 

wakayama.mypl.net

 

毎月第1水曜日に和歌山のサイクリング情報をお届けします。

 

次回はサイクリング中にふらっと寄れるオススメラーメン店の情報かも…。

今後もお楽しみに!

 

■和歌山サイクルプロジェクトフェイスブック公式ページ
https://www.facebook.com/wakayamacycle/


■和歌山サイクルプロジェクト公式ブログ
http://wakayamacycleproject.hatenablog.com


■和歌山サイクルプロジェクト公式ツイッターアカウント
https://mobile.twitter.com/wakayamacyclpjt


■和歌山サイクルプロジェクト公式メールアドレス
wakayama.cycle.project@gmail.com 

シマノスクエア

先日、大阪・梅田のグランフロント大阪にある「SHIMANO SQUARE」(シマノスクエア)に行ってきました!

 

f:id:heb1er:20170831233628j:image

 

シマノはサイクリスト(と釣り人)以外の方には馴染みが薄いかもしれませんか、「自転車業界のインテル」と称される世界に誇る日本企業なんです。

シマノ社製の自転車部品は、スポーツタイプやMTBにおける世界シェアは80%以上と言われています。

 

ここシマノスクエアは、グランフロント大阪の北館4階に開設されており、展示コーナーとイベントスペース、カフェが設けられています。

 

f:id:heb1er:20170831234002j:image

 

サイクルギャラリーでは、自転車の構造や歴史などがパーツの実物展示やパネル説明で紹介されています。

特にシマノが誇る最高級「デュラエース」の歴代モデルが一堂に展示されており、なかなか展示の前から離れることが出来ませんでした笑。

 

また、フィッシングギャラリーでは、シマノの最高級スピニングリール「ステラ」などが実物展示されています。

サイクリストとフィッシャーマンの二足のわらじを履く私にとっては最高の場所です!

 

f:id:heb1er:20170831233919j:image

 

シマノスクエアカフェも併設されてて、コーヒー、紅茶、ソフトドリンクに加えアルコール類も用意されています。

 f:id:heb1er:20170831234313j:image

愛好者たちがここシマノスクエアで集まり、自転車談義、釣り談義に花を咲かせる交流の場になっているそうですよ。

皆さんも大阪・梅田に行かれる機会があればふらっと寄られてみてはいかがでしょう。

 

f:id:heb1er:20170831233951j:image

 

■「シマノスクエア」

【所在地】大阪市北区大深街3-1 グランフロント大阪北館 ナレッジキャピタル4階

【電話】06-4526-6789

【営業時間】10:00~21:00

【定休日】月曜日

 

■和歌山サイクルプロジェクトフェイスブック公式ページ
https://www.facebook.com/wakayamacycle/


■和歌山サイクルプロジェクト公式ブログ
http://wakayamacycleproject.hatenablog.com


■和歌山サイクルプロジェクト公式ツイッターアカウント
https://mobile.twitter.com/wakayamacyclpjt


■和歌山サイクルプロジェクト公式メールアドレス
wakayama.cycle.project@gmail.com 

この絶景はどこ?

クイズ!

ここはどこでしょうか!?

f:id:heb1er:20170831200143j:image

正解は、和歌山県ラルプ・デュエズと言われる千葉山(せんばやま)です。

 

まず、ラルプ・デュエズとはなんぞや?

と思われる方もいらっしゃると思いますので。

 

ラルプ・デュエズ

https://ja.wikipedia.org/wiki/ラルプ・デュエズ

 

ラルプ・デュエズとは、自転車ロードレースのツールドフランスの代表的な超級山岳ステージコースであり、同レースの看板とも言える名所です。

 

誰が名づけたのか、ここ和歌山県有田市の千葉山(せんばやま)は和歌山のラルプデュエズと呼ばれています。

標高差432m、距離5.7km、平均斜度7.7%、最大斜度12.0%。

みかん畑の山頂の有田川ウィンドファームの風車を目指して登る事になります。

山を登りきると、眼下には連続するヘアピンカーブが幾重にも連なっており、その光景はまさにラルプ・デュエズのよう。

この景色は登らないとわからないです。

ちなみに、早い人なら20分間で駆け上がるらしいですよ!

 

今週末の予定が決まってない方、是非和歌山のラルプ・デュエズにチャレンジしてみてください! 

 

 

■和歌山サイクルプロジェクトフェイスブック公式ページ
https://www.facebook.com/wakayamacycle/


■和歌山サイクルプロジェクト公式ブログ
http://wakayamacycleproject.hatenablog.com


■和歌山サイクルプロジェクト公式ツイッターアカウント
https://mobile.twitter.com/wakayamacyclpjt


■和歌山サイクルプロジェクト公式メールアドレス
wakayama.cycle.project@gmail.com 

和歌山のサイクリング情報

 

まいぷれ和歌山様のWEBサイトに和歌山県内のサイクリング情報がアップされています。

https://wakayama.mypl.net/article/cycling_wakayama

 

◾️主なコンテンツ

・サイクリングコース

・サイクリングイベント

・サイクルラック

・サイクル Q&A

 

WEBサイトにはいろんなコンテンツが準備されていますが、特におすすめなのがサイクリングコース情報です。

https://wakayama.mypl.net/article/cycling_wakayama#ko-su

 

現在(2017/8/14時点)は以下の5コースをWCPメンバーが提案させていただき、サイト上で紹介されています

 

01番伊太祁曽コース:22.4km

02和歌山城ぶらくり丁ショートコース:5.5km

03魚類供養塔から海南駅コース:37.9km

04和歌山城・和歌浦観光コース:21.3km

05長浜海岸から加太駅コース:17.7km

 

これらのサイクリングコースがマップ上に表示されているので、コースの経路がとてもわかりやすくなっております。

スマホでの表示イメージ

f:id:heb1er:20170814125103p:plain

今後もコンテンツを充実させていく予定とのことですので、サイクリングに興味をお持ちの方は是非ともチェックしてみてください。

 

和歌山サイクルプロジェクトフェイスブック公式ページ
https://www.facebook.com/wakayamacycle/

和歌山サイクルプロジェクト公式ブログ
http://wakayamacycleproject.hatenablog.com

和歌山サイクルプロジェクト公式ツイッターアカウント
https://mobile.twitter.com/wakayamacyclpjt

和歌山サイクルプロジェクト公式メールアドレス
wakayama.cycle.project@gmail.com

和歌山県内サイクルスポット撮影

2017年8/12(土)、8/13(日)の両日、和歌山県内のサイクルスポットを撮影してきました。

今回はCyclist Welcome様からお声掛けいただき、WCPメンバーがモデルとして撮影に参加させていただいております。

http://cyclistwelcome.jp/

 

両日とも天候に恵まれ、たくさん魅力的な写真を撮ることができました!

f:id:heb1er:20170813123951j:plain

 

f:id:heb1er:20170813124019j:plain

 

f:id:heb1er:20170813124040j:plain

 

 全国のサイクリストに和歌山の魅力をお伝えできるよう、今後も活動を続けていきます。

 

 詳細は後日追って報告いたしますのでお楽しみに(^^)

 

和歌山サイクルプロジェクトフェイスブック公式ページ
https://www.facebook.com/wakayamacycle/

和歌山サイクルプロジェクト公式ブログ
http://wakayamacycleproject.hatenablog.com

和歌山サイクルプロジェクト公式ツイッターアカウント
https://mobile.twitter.com/wakayamacyclpjt

和歌山サイクルプロジェクト公式メールアドレス
wakayama.cycle.project@gmail.com